読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔はゴリラっぽいし、

アラサー、独身、転職2回の人が日常で思ったことを書いています。

NISAの口座開設を申し込んでから意外と時間が掛かるお話

お金のお話

私は現在、株式投資をマネックス証券にて行っています。

運用成績は全然芳しくなく、「運用利回り年間2%」とわざと達成できそうなしょっぱい目標を掲げていたのにも関わらず、出来そうにありません。
 
原因は、株のお勉強してないもんねー、の一言に尽きます。
いや、企業のIRや財務表とか四季報とか読むのは好きなんですけどね。それがどうも投資に上手く結びつかない感じです。

 

とりあえずの投資方法として、雑誌などで取り上げられている人気株主優待銘柄を優待確定月の3〜4ヶ月前に仕込み、確定するギリギリで売る。
という手法をとっていたのですが、昨年は確定月でも株価が上がらず、結局自分で優待を貰うという結果ばかりだったのでちょっと株式投資をお休みしようと思います。
 
勉強しろよ、とは思いますが他にやる事多すぎるんだもん…
転職活動、資格試験勉強、スポーツジム、週末のお出掛け先の調査、録画してたテレビ番組など、社会人トテモ忙しいです。
…どれか一つに一極集中した方がいいんですかね。
 
という訳で、私にとって精一杯の軍資金100万円を株式投資運用ではなく、投資信託にて運用して行こうかなぁと思います。
 
なんで投資信託にしたのかは10万円から始める! 貯金金額別 初めての人のための資産運用ガイド (ディスカヴァー携書)株、FX、世界経済がマンガでわかる!新女子高生株塾を読んだ時に両方の本の内容にて被っている部分があり、それが資産の分散であり投資信託だったからです。
株式投資一択じゃ世界同時株安とかになったら儲け出し難いで〜、外貨投資一択も同様やで〜、だから分散させるんやで〜、分散させるにあたって投資信託が少額から買えて便利やで〜
かなり要約してこんな感じ?いや、違うかも…もっと細かい所もあるんですけれども其処は割愛。
 
という訳で、投資信託を始めよう!と思ったら、NISAなら非課税で私の様な大した運用益が期待できない人には何やかんやお得という情報をキャッチ。
 
お得ならNISA口座つくるしかない!という事で口座開設へ。
我ながら、大して下調べもせずにうっすい情報だけで、よく飛びつくなぁ〜。儲け話に弱い。そう、うまく転がっている筈がないのに。
 
 
 

NISA口座開設に必要なもの

という訳で、忘備録も兼ねて必要なものとかを書き残しておこうと思います。
 
  • 証券口座
  • 免許証などの身分証明
  • 住民票の写し
  • マイナンバーの写し
はい、これだけ。
 
まず、証券口座の申し込みに関して私はすでにマネックス証券の口座があるので必要ありませんでした。
証券会社によってはNISA口座開設と同時にできるのかな?
私は投資信託が目的で口座開設をしますが証券会社によって、取り扱いの投資信託の商品が異なるので、自分が買いたい商品がその証券会社で買えるのかをまず事前に調べた方が良いですね。
 
証券口座があればNISA開設を申し込んでから2〜3日で身分証明書類とかを送れという封書が送られてきます。
上記の書類を添えて送り返してから2〜3週間程で口座が開設され取引ができる様になるみたいです。
 
みたいです。というのはまだ私の口座が開設されていないから。
いや、マイナンバーの写しはまだ用意出来るけど、住民票とか週末にならないと用意出来ないもの。
証券会社が代理で住民票を取得してくれるサービスもあるみたいですが、その場合はさらに1週間程、開設まで期間が掛かるようです。
 
私は今日、住民票を自分で取ってきたのでこれから書類を送ります。
早く開設されますように!
 
 
あ、ちなみに上でも紹介したこの本はオススメです。
学校でこういう投資の授業してくれたらなぁ、って時々思います。
株、FX、世界経済がマンガでわかる!新女子高生株塾