読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔はゴリラっぽいし、

アラサー、独身、転職2回の人が日常で思ったことを書いています。

スポンサードリンク

白イチゴや桃薫も食べ放題!イチゴ狩り「大竹いちご園」に行ってきたお話

前回、マーブルラウンジのストロベリーデザートブッフェのお話をしたばかりなのに、またまたイチゴのお話です。

 

 

高級イチゴが数種類も食べられる「大竹いちご園」

3月の末くらいに千葉県の君津にある「大竹いちご園」のいちご狩りに行ってきました。

【いちご狩り・千葉県・君津市】-大竹いちご園-(白いちご)

 

都内から、アクアラインを使って2時間かからない場所に大竹いちご園はあります。

白いちごや桃薫などの高級品種も食べられるということで、朝の8:30には受付を済ませておかないと、ハウスに入れない事もある、人気のいちご農園さんです。

私たちが行った日は、雨模様だった事もあってか、9:30くらいに着いてもスムーズにハウスに入れていただけました。

 

何が食べられるかは日によって変わる

大竹いちご園ではハウスが5〜7棟くらいあり、全部で10種類以上もの種類のいちごを栽培しています。

f:id:goriragao:20170429215712j:image

1つのハウスで栽培しているのは6品種程度なので、いちご狩りに来た日にどこのハウスに通されるかで、食べられる品種が決まってしまいます。

お目当の品種がある方は、行く前に調べてみたほうが良いかも知れませんね。

 

白いちごが食べ放題の夢のような空間!

雨天でもハウスのなかは、温かく過ごしやすい気温。

そしてなりよりも、ハウスに入った瞬間に広がるいちごの甘い香り!!

幸せやわ〜

f:id:goriragao:20170429221013j:image

 

と、感動しているとさらなる感動が!!!

f:id:goriragao:20170429220216j:image

 

白いちご様や〜、食べ放題や〜!

f:id:goriragao:20170429220303j:image

 

写真を撮るのもそこそこに一心不乱に食べまくります。

ぱくぱく。おいしい。

 

ハウスに入ったときに、ヘタ入れと練乳を貰いますが、もう練乳全然必要ない!

そのまんまで超おいしいです!

 

f:id:goriragao:20170429221258j:image

ここで、栽培されている白イチゴは淡雪という品種のようです。

優しい甘さ、おいしい。

 

f:id:goriragao:20170429221414j:image

そして、もう一つのお目当の桃薫。

イチゴなのに、口に入れると桃のような風味がする。不思議!おいしい!

 

このほかにも、チーバベリーやとちおとめ、おいCベリーなどがこのハウスにはありました。

おいしい!

f:id:goriragao:20170429221618j:image

 

 入園料2,000の元なんかあっという間に取れたんじゃないか、というくらい、ハウス内のいちごを食べ続けます。うまい。いちごうまい。

入園時に農園の人が教えてくれましたが、いちごのヘタがピョンと上に跳ねているいちごが甘くておいしいみたいです。

スーパー跳ねてる。うまい。

f:id:goriragao:20170429222829j:image

 

ちなみに齢29歳にして初めていちごの花をみました。

この花が、

f:id:goriragao:20170429222028j:image

 

こうなって、

f:id:goriragao:20170429222111j:image

 

こうなるんですね〜、すごーい

f:id:goriragao:20170429222201j:image

 

滞在時間30分でも大満足!

ハウスでの滞在時間は30分までと決まっていて、金額の割には短い時間かと思うかも知れませんが、30分も食べればお腹いっぱいです。

朝の9時過ぎに、お腹いっぱいおいしい高級イチゴが食べられ、最高の朝ごはんになりました。

イチゴ狩りの概念変わりました。

絶対、また行こうと思います。

 

おまけ

お昼は木更津のアウトレットモールで金子半之助の天丼を食べました。

これも、天丼に対する概念が変わるくらいうんまかったです。

おしまい。

f:id:goriragao:20170429223940j:image